楽天モバイルを解約したい!解約手順について

楽天モバイルの月額料金と解約

この解説は楽天モバイルの料金プランやその他費用についてです。現在使用しているスマホの料金と比較して、費用がどれくらい安くなるのかを読んで比べてみてください。それでは、楽天モバイルに申し込むと、どのようなプランが用意されていて、契約完了までにどのくらい費用が必要なのか具体的に説明します。

料金と初期費用

楽天モバイルの月額費用は、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、今まで通りに携帯電話としても利用したい時は、音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。音声SIMの料金は、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データSIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

ベーシックプランでは低速通信のみが使い放題になっているプランで、それ以外にLTEの262.5Mbpsの高速回線が使えるプランがあります。最初にかかる費用は3,240円ですが、それと共に端末費用も必要です。

楽天モバイルの最低利用期間

解約縛りと解約手数料に関して、解説していきます。データSIMについては、決まった利用期間はありません。解約したいと思った時点で、違約金なくすぐに解約できます。一方通話SIMについては、最低12か月の利用が必要になってきます。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、違約金として9,800円が掛かる事になりますので、利用期間も十分考慮する必要がありそうです。キャリアと異なる事柄として、縛り期間が自動更新されないという点があり、最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

回線速度

楽天モバイルは、docomoの高速回線(下り最大225Mbps、上り最大50Mbps)を利用した通信サービスです。通信スピードについては、docomoと同じ回線ということで、安心のスピードですね。いちばん信頼があり安心できるdocomoと同じ回線を利用できることが、楽天モバイルがもつ最大の強みの1つです。これからも、MVNOや格安スマホのサービスがますます広がりそうですね。

楽天モバイルの速度制限

キャリアにしろ、MVNOにしろ、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられていました。使いすぎの判定には直近3日間に行ったデータの通信量が用いられ、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、200Kbpsという低速通信が実施されていたのですが、3日制限が撤廃されたのは大きなニュースとなりました。楽天モバイルのスマホに関して、直近3日のデータ通信量を気にかける必要は皆無です。72時間制限の廃止はかなり有難いです。

楽天モバイルとは?

MVNOの一種である楽天モバイルでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。その中でも月額1,250円で利用出来るサービスが話題を集めています。楽天モバイルの特徴はドコモと同じ回線を使っているという点で、通話品質や電波の届き具合もdocomoとなんら変わりはありません。楽天モバイルを契約されている間は、楽天市場でのショッピングに対して2倍のポイントが貯められる特典もございます。早速ですが、楽天モバイルの速度や料金プラン等を比較しながら、レビューしていきます!お楽しみ頂ければと思います。

docomo回線を利用したお得なスマホ!

ドコモの回線を利用している楽天モバイル。同じ回線なので通話品質はdocomoと変わりませんし、ドコモ回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。ほとんどのドコモの機種で快適な環境のもと楽天モバイルを使用することができます。そのため、楽天モバイルが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。ドコモのスマホをもっている場合、SIMカードのみを契約すれば使用することができるので、また新たにスマホを購入しなくていいのです。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

SIMフリースマホがありすぎて困る

ご利用になっているスマートフォンが、楽天モバイルに対応していない本体の場合は、楽天モバイルで使えるスマホを新規に買う必要があります。楽天モバイルのサイトを見ると販売されている端末は、迷ってしまうほど種類が豊富で、他MVNOと比較して選択肢が多いのが特徴です。 また、スマホに限らず、タブレット端末の機種も豊富で選択肢に迷ってしまうほどです。唯一の弱点を挙げるとすれば、本体購入時の代金を分割払い担いたい場合、利用可能なのは楽天カードのみと言う事でしょうか。本体の購入のときに楽天カードがないと、分割払いを利用することはできません。それでも選択できる機種の種類が他のMVNOよりも多いことは、楽天モバイルの大きな強みとなっています。

通信量の繰り越し対応

通信データの容量はプランごとに異なりますが、使用量が少なく、かなり残ってしまう月もあると思います。そんな時もおまかせなのが楽天モバイルでありまして、次の月に繰り越して使うことができるので、無駄なくお得です。一部のMVNOには、残ったデータ通信量の繰り越しサービスの無いものもあり、楽天モバイルであれば無駄なく利用することが出来ます。料金を安くしたいからこそ格安スマホを使うのですから、余ったデータ容量も無駄なくシッカリ使いたいですよね。

通話料がオトクな、楽天でんわ

電話代を半額にしたいなら楽天でんわが良いです。IP電話ではなく、プレフィックス型と言われる通話サービスなので、発信者の電話番号がきちんと相手側に通知されます。もちろん通知される番号は、いつも使用している電話番号です。電話相手からして見れば、いつも通りの着信と変わりはないわけです。たいていのIP電話は相手側に番号が表示されず、不信感を抱かれてしまったり、050番号が表示されたりして、使いにくいところがありましたが、楽天でんわではそのようなデメリットを感じさせないサービスを提供しています。そして、楽天でんわかかる通話料は、楽天ポイントが加算されるので、より一層お得ですね。通話かけ放題のオプションサービスも開始しました。

5分電話し放題

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、MVNOは、ほとんどかけ放題には対応していません。MVNOの格安スマホの需要が高まるなか、通話回数が多い方でも安心してご利用いただけるサービスが開始されました。楽天モバイルに新しく登場したプランは、月々850円の料金で5分以内の国内通話ならば回数無制限で利用できます。5分かけ放題オプションは大手携帯キャリアと同じ一般の電話回線を使用しているため、通話音声もよく、発信者番号通知に対応し、いつも電話をするコマンドや動作と何も変わらないので、難しい事はなく電話し放題になるとゆうメリットしかありません。NifMoにもかけ放題オプションがありますが、相手方に非通知で来ることがそこそこあるみたいです。楽天でんわの通話料であれば、通常1分約21円の通話料がかかりますので、1ヶ月で43分以上通話を利用する人にとってはお得になるプランです。

到着した月は料金が無料に!

格安スマホや格安SIMの契約をしたい人は、楽天モバイルにすれば、 初月の月額料金が無料になります。注意して頂きたいのは、「1ヶ月」というのは、SIMが届いた日から1ヶ月間ではなく、届いたその月ということです。月初めにSIMカードが届いたら丸々1ヶ月分得をしてしまうってことですね。ただし、今、使っているスマホの更新月によっては、解約手数料の支払いが発生する場合があるので、場合によっては月初めに契約をした方がお得ではないということもあります。よく計算してみてくださいね。

【今月開催中】キャンペーン詳細