BIGLOBE格安SIMのネットでの評判は?

BIGLOBEの格安SIMの月額と解約

BIGLOBE LTEにかかる料金や初期費用についてご紹介していきます。毎月自分のスマートフォンにかかる費用と比べながら、費用がどれくらい安くなるのかを読んで比べてみてください。ということで、まずは、BIGLOBE LTEの契約時費用と基本使用料金から見ていきましょう。

BIGLOBE SIM月額プランと初期費用

BIGLOBE LTEの料金プランに関しては、データ通信用SIMと音声通話もできるSIMの二種類があります。音声通話が出来るSIMは、電話番号の最初の3桁が、070/080/090/の番号になりますので、普通のスマホと同じように、携帯電話としても使いたい場合は、音声通話付きSIMを選んでください。データ専用SIMは、携帯電話としての機能はないので、間違わないように注意してくださいね。通話SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円です。

データSIMの料金は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円となっています。

ベーシックプランは、通信速度の低速回線が使い放題になり、その他のプランは、DocomoのLTEとよばれている262.5Mbpsの高速回線が利用できるプランになっています。初期費用は、3,240円で、それプラス端末料金が必要です。

最低利用期間について

解約制限と解約違約金について、解説していきます。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。もしも最低利用期間の12か月以内に解約してしまうと、8,000円の違約金がかかりますので、ご注意ください。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、13か月を過ぎれば違約金が発生することがなく、良いですね。

BIGLOBE SIMの回線スピード

BIGLOBE SIMのネットワークは、ドコモで使われている4G回線を利用しています。速度に関しては、何不自由ない速度ですね。docomoと同じ回線を格安で使用できることは、BIGLOBE SIMの魅力的な特徴の一つです。BIGLOBE SIMをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

BIGLOBE SIMの72時間制限

MVNOすべてで共通ですが、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいておりました。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、定められたデータ容量を超えた人に対して、200Kbpsという低速通信を適用していたのですが、3日制限が廃止になったのは話題を呼びました。BIGLOBE SIMのSIMでは、音楽や高画質写真をダウンロードしても、72時間制限の心配をする必要はもうありません。気軽に使えるのも嬉しい点ですね。

BIGLOBE LTEの気になるポイント

MVNOの一種であるBIGLOBE LTEでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。その中でも月額900円で利用出来るサービスが話題を集めています。BIGLOBE LTEは、キャリア3社であるdocomoの回線を利用しているため、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。エンタメフリーと呼ばれるオプションサービスがBIGLOBE SIM特有のサービスとなっております。これは、YouTubeやGooglePlayMusic、AppleMusicだけでなく、AbemaTVやAWAのような普段Wi-Fi外では通信量が気になって使うことが億劫だったサービスが無制限で使え、しかも通信量を全く消費しないという画期的なサービスそんな訳でして、BIGLOBE SIMのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。BIGLOBE SIMに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomo同エリアのお得なスマホ!

お得なサービスのBIGLOBE LTEは、NTTドコモの回線を利用しています。同じ回線なので通話品質はdocomoと変わりませんし、一番気になるサービスエリアもドコモのエリアと同じなのでなんの心配もなく使えます。ドコモのほとんどのスマホが、そのままBIGLOBE LTEで使用できます。当然、BIGLOBE LTEでスマホを購入して使うことも可能です。すでにdocomoのスマホをお持ちなら、SIMカードのみのプランを契約すれば、別途お金を払ってスマホを買わなくても大丈夫です。格安サービスでありながらキャリア回線と同一の品質で使用できる。これがBIGLOBE LTEの強みです。

格安スマホの機種が選択肢豊富すぎる

BIGLOBE LTEの契約をするにあたって対応する端末をお持ちでない場合、対応する端末を購入する必要があります。BIGLOBE LTEではそうしたスマホ本体もセットで購入が必要な方のために、10種類以上の機種が用意されており、他のMVNOよりも好みの機種を見つけやすいのが魅力です。もちろん、スマホだけではなくタブレットの種類も豊富なので購入する側はじっくり選ぶことが出来ます。

あまったデータ容量の翌月繰り越し

各プランでデータ容量が異なりますが、データ使用量が少なくて、余ってしまう月もあると思います。そういった悩みにもBIGLOBE LTEであれば、残っているデータ通信量の分を翌月に繰越しできるありがたいサービスがあります。MVNOによっては翌月繰り越しに内応していない場合も多く、このサービスは、いろいろあるBIGLOBE LTEの利点の一つと言っても過言じゃないですよね?格安スマホですが、余ったデータを無駄なく繰越せるサービスがあると嬉しいですね!

通話料が半額になると話題のBIGLOBEでんわ

「BIGLOBEでんわ」という通常通話料より半額になるサービスがございます。このサービスは、電話番号の先頭に特定の番号を付けて発信するだけの「プレフィックス型」と呼ばれるもので、相手方の電話に、自分の番号が通知されます。当然のことですが、ご自身が普段利用している番号が相手に表示されます。ですので、電話に関して何の違和感もありません。IP電話の多くは、非通知発信しか出来なかったり050番号が相手先に通知されたりと、使い辛いと感じる事が多いと思います。その点、BIGLOBEでんわは非常に魅力的なのではないでしょうか。かけ放題の通話サービスもあるんです。

3分かけ放題

AU・ドコモ・Softbankの大手3事業者には、通話かけ放題プランがありますが、残念ながらまだ、たいていのMVNOはこのプラン設定の導入に二の足を踏んでいるようです。利用料金の安さが売りのMVNOの格安スマホであっても、通話する回数が多いので心配だという方でも安心なサービスがあるのです。それがBIGLOBE LTEです。月に650円を支払う事で『通話開始してから3分間の間なら何回でも無料で話せる』とゆうサービスです。IP電話と違い、電話回線を使った「3分かけ放題」は、一般電話やBIGLOBEでんわと変わることなく発信者番号通知にも対応しており、いつも通りの電話と変わらずにかけ放題になるのが最大のウリでしょう。BIGLOBEでんわの利用は1分間で21.6円の通話料がかかるので、3分以内の通話が月に合計で33分以上はある(3分間きっちり通話すると11回以上)方にはお得なになるのは間違いないでしょう。

650円で1,200円分が無料になる「通話パック60」の解説

BIGLOBE SIMは、月額500円の3分かけ放題とは別に、それに「通話パック60」が付けられますよ!このオプションは、1200円分の無料通話が月額650円で出来ます。また3分以上通話することはあまりない!という方には、「3分かけ放題」がかなりおすすめですけど、たまにちょっと長電話しちゃう!という人には、先程お話しした『通話パック60』を使用してみてはいかがでしょう?自分の生活スタイルと通話オプションを照らし合わせてみてください。よりお得な方法が見つかるはずですよ♪

到着月は無料

BIGLOBE SIMでは格安スマートフォンやSIMを契約すると、ひと月目の使用料は不要となります。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。SIMカードが届いた日によっては、丸々1ヶ月分がタダになるということもあります。現在利用しているキャリアの縛り期間や解約手数料の支払い義務もからんできますので 、現実的に考えると、必ずしも月初まで待つのが得策とは言えません。

【終了間近】キャンペーン!