「格安スマホの紹介」カテゴリーアーカイブ

楽天モバイルを解約したい!解約手順について

楽天モバイルの月額料金と解約

この解説は楽天モバイルの料金プランやその他費用についてです。現在使用しているスマホの料金と比較して、費用がどれくらい安くなるのかを読んで比べてみてください。それでは、楽天モバイルに申し込むと、どのようなプランが用意されていて、契約完了までにどのくらい費用が必要なのか具体的に説明します。

料金と初期費用

楽天モバイルの月額費用は、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、今まで通りに携帯電話としても利用したい時は、音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。音声SIMの料金は、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データSIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

ベーシックプランでは低速通信のみが使い放題になっているプランで、それ以外にLTEの262.5Mbpsの高速回線が使えるプランがあります。最初にかかる費用は3,240円ですが、それと共に端末費用も必要です。

楽天モバイルの最低利用期間

解約縛りと解約手数料に関して、解説していきます。データSIMについては、決まった利用期間はありません。解約したいと思った時点で、違約金なくすぐに解約できます。一方通話SIMについては、最低12か月の利用が必要になってきます。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、違約金として9,800円が掛かる事になりますので、利用期間も十分考慮する必要がありそうです。キャリアと異なる事柄として、縛り期間が自動更新されないという点があり、最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

回線速度

楽天モバイルは、docomoの高速回線(下り最大225Mbps、上り最大50Mbps)を利用した通信サービスです。通信スピードについては、docomoと同じ回線ということで、安心のスピードですね。いちばん信頼があり安心できるdocomoと同じ回線を利用できることが、楽天モバイルがもつ最大の強みの1つです。これからも、MVNOや格安スマホのサービスがますます広がりそうですね。

楽天モバイルの速度制限

キャリアにしろ、MVNOにしろ、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられていました。使いすぎの判定には直近3日間に行ったデータの通信量が用いられ、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、200Kbpsという低速通信が実施されていたのですが、3日制限が撤廃されたのは大きなニュースとなりました。楽天モバイルのスマホに関して、直近3日のデータ通信量を気にかける必要は皆無です。72時間制限の廃止はかなり有難いです。

楽天モバイルとは?

MVNOの一種である楽天モバイルでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。その中でも月額1,250円で利用出来るサービスが話題を集めています。楽天モバイルの特徴はドコモと同じ回線を使っているという点で、通話品質や電波の届き具合もdocomoとなんら変わりはありません。楽天モバイルを契約されている間は、楽天市場でのショッピングに対して2倍のポイントが貯められる特典もございます。早速ですが、楽天モバイルの速度や料金プラン等を比較しながら、レビューしていきます!お楽しみ頂ければと思います。

docomo回線を利用したお得なスマホ!

ドコモの回線を利用している楽天モバイル。同じ回線なので通話品質はdocomoと変わりませんし、ドコモ回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。ほとんどのドコモの機種で快適な環境のもと楽天モバイルを使用することができます。そのため、楽天モバイルが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。ドコモのスマホをもっている場合、SIMカードのみを契約すれば使用することができるので、また新たにスマホを購入しなくていいのです。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

SIMフリースマホがありすぎて困る

ご利用になっているスマートフォンが、楽天モバイルに対応していない本体の場合は、楽天モバイルで使えるスマホを新規に買う必要があります。楽天モバイルのサイトを見ると販売されている端末は、迷ってしまうほど種類が豊富で、他MVNOと比較して選択肢が多いのが特徴です。 また、スマホに限らず、タブレット端末の機種も豊富で選択肢に迷ってしまうほどです。唯一の弱点を挙げるとすれば、本体購入時の代金を分割払い担いたい場合、利用可能なのは楽天カードのみと言う事でしょうか。本体の購入のときに楽天カードがないと、分割払いを利用することはできません。それでも選択できる機種の種類が他のMVNOよりも多いことは、楽天モバイルの大きな強みとなっています。

通信量の繰り越し対応

通信データの容量はプランごとに異なりますが、使用量が少なく、かなり残ってしまう月もあると思います。そんな時もおまかせなのが楽天モバイルでありまして、次の月に繰り越して使うことができるので、無駄なくお得です。一部のMVNOには、残ったデータ通信量の繰り越しサービスの無いものもあり、楽天モバイルであれば無駄なく利用することが出来ます。料金を安くしたいからこそ格安スマホを使うのですから、余ったデータ容量も無駄なくシッカリ使いたいですよね。

通話料がオトクな、楽天でんわ

電話代を半額にしたいなら楽天でんわが良いです。IP電話ではなく、プレフィックス型と言われる通話サービスなので、発信者の電話番号がきちんと相手側に通知されます。もちろん通知される番号は、いつも使用している電話番号です。電話相手からして見れば、いつも通りの着信と変わりはないわけです。たいていのIP電話は相手側に番号が表示されず、不信感を抱かれてしまったり、050番号が表示されたりして、使いにくいところがありましたが、楽天でんわではそのようなデメリットを感じさせないサービスを提供しています。そして、楽天でんわかかる通話料は、楽天ポイントが加算されるので、より一層お得ですね。通話かけ放題のオプションサービスも開始しました。

5分電話し放題

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、MVNOは、ほとんどかけ放題には対応していません。MVNOの格安スマホの需要が高まるなか、通話回数が多い方でも安心してご利用いただけるサービスが開始されました。楽天モバイルに新しく登場したプランは、月々850円の料金で5分以内の国内通話ならば回数無制限で利用できます。5分かけ放題オプションは大手携帯キャリアと同じ一般の電話回線を使用しているため、通話音声もよく、発信者番号通知に対応し、いつも電話をするコマンドや動作と何も変わらないので、難しい事はなく電話し放題になるとゆうメリットしかありません。NifMoにもかけ放題オプションがありますが、相手方に非通知で来ることがそこそこあるみたいです。楽天でんわの通話料であれば、通常1分約21円の通話料がかかりますので、1ヶ月で43分以上通話を利用する人にとってはお得になるプランです。

到着した月は料金が無料に!

格安スマホや格安SIMの契約をしたい人は、楽天モバイルにすれば、 初月の月額料金が無料になります。注意して頂きたいのは、「1ヶ月」というのは、SIMが届いた日から1ヶ月間ではなく、届いたその月ということです。月初めにSIMカードが届いたら丸々1ヶ月分得をしてしまうってことですね。ただし、今、使っているスマホの更新月によっては、解約手数料の支払いが発生する場合があるので、場合によっては月初めに契約をした方がお得ではないということもあります。よく計算してみてくださいね。

【今月開催中】キャンペーン詳細

UQモバイルを解約する方法と注意点のまとめ

UQスマホの特色

UQモバイルはMVNOの一つで、格安SIM・格安スマホを取り扱っています。NTTdocomoやau・ソフトバンクなどのキャリアから乗り換えてのご利用であれば、毎月の料金を大幅に減らすことができるサービスなのです。無料通話込みで月々1,980円で利用できる格安SIMが話題のUQモバイル。AU回線を使った通話サービスを提供しているので、通話可能エリアや品質がAUと同じだという安心感もあります。UQモバイルを使用している間は、テザリングが無料で使えるのも大きな魅力です。さて、それでは、早速、UQモバイルの詳細をまとめさせて頂きましたので、節約出来た携帯代で何を買おうかしら…。笑

AUの基地局を利用したお得なスマホ

UQモバイルはAUの回線を使用しています。そのため、通話品質もAUと変わらず、よほどの山奥でない限り、たいていの場所でつながりますので使い勝手において心配はいりません。AUのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。そのため、UQモバイルが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。ただ、すでにAUのスマホをお持ちでしたら、SIMカードだけの契約をUQモバイルと結べば、そのまま使えますので、新規でスマホを改めて買いなおすようなことも必要ないのです。AUの回線を利用しながら、安心でお得に格安スマホを利用することができる嬉しいサービスなのです。

VoLTE(ボルテ)プランがある

UQモバイルの注目ポイントはVoLTE対応プランを用意していることです。VoLTEとは今まで以上に相手の通話が聞こえやすく改善されている、通話方式の名称としては新しいものです。従来の通話方式が使えていた周波数帯は300Hz~3.4kHz迄で、実はそれ以外の周波数帯域の音はカットされてしまっていました。今回のVoLTEにおいては、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになりました。つまり、この広帯域のカバーにより「聞き取りやすい」高品質な通話環境を実現しているのです。VoLTE対応はUQモバイルにとって最大なメリットともいえるのです。

翌月繰越も可能

UQモバイルだと、毎月利用するデータ量を次の月に繰り越す事が可能なので、毎月のデータ使用量が結構違う方にも、追加の出費の心配をすることなく使えるという点が、ポイント高いところですね。UQモバイルについているターボ機能では、これは回線を高速(最大150Mbps)と低速(最大200Kbps)を自由に切り替えて使うことができる機能です。データ量の節約ができる機能なので、とても便利で使える機能です。

UQモバイル口コミ

UQモバイルの魅力についてお話します。特に高速通信が可能なMVNOであることでしょう。この点の評価の高さはインターネット上の口コミなどでもわかるとおり、料金プランの内容が豊富であることや、月額料金では他社に遅れを取りますが、あれこれ差し引いても替え難い魅力を持った格安SIMであるといえましょう。UQモバイルは、格安スマートフォン・格安SIMを選ぶ際には必ず検討しておきたい候補でしょう。

非常に満足度の高い実効速度

UQモバイルの最も大きいメリットは、MVNOの中で他の追随を許さないハイスピード通信が可能なことでしょう。複数のMVNOと契約して利用していますが、その中でもUQモバイルは、とても通信速度が早いです。なおかつ安定しているので、携帯電話はUQモバイルをメインで使っています。通信スピードを重視する人に、「繋がりやすい格安SIMを教えて!」と問われたら、UQモバイル以外には思いつきません。UQモバイルは料金で比較すると他のMVNOより高くなってしまいますが 、速度面でストレスを感じることないので、価格の差を不満に感じる事はないと思います。

UQモバイルの回線スピード

たくさんのMVNOがありますが、その中でもUQモバイルは、実効速度が速く安定していることで評判が良いです。格安SIMアワード2015の結果を見ても分かるように、通信速度部門において、UQモバイルが一位を受賞し、証明されています。動画などの重いコンテンツが増えている今、通信速度、それも実効速度が一番重要だと考える人には、UQモバイルを選択することが最良だと思います。将来的にMVNOや格安スマホなどのサービスが、だんだん広がっていくことが予想されます。

UQモバイルでの通信制限

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、多くのデータを通信利用した者に、速度制限の処置を取っています。使いすぎの判定には直近3日間に行ったデータの通信量が用いられ、決められた容量を超過したユーザーに対して、通信の速度にリミットがかかります。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。一般的な使い方をしていれば、速度制限が実施されることはほとんどないと思います。UQモバイルの場合、各プランごとの規定値は規定されていないようで、全プラン共通で3日で6GBが規定値に設定されています。

UQモバイル月額プラン

UQモバイルの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。現時点の毎月のスマホ料金と照らし合わせつつ、どこまで安くなるのか、どっちが安いのかを、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。早速、UQモバイルの料金プランを見てみましょう。

UQモバイルの月額プラン

UQモバイルのプランは、格安SIMには、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2種類があり、料金プランも異なります。070・080・090という番号が音声用のSIMで利用できる番号で、一般的なスマホと同様に電話としても利用したいのであれば、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。音声通話SIMの料金は、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データ通信専用SIMの料金は、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円となっています。

 

UQモバイルの2年縛りは?

UQモバイルの解約制限と解約違約金、契約する前に、把握しておいてください。データSIMに関しては、最低利用期間の設定はありません。嬉しいことに、解約時に解約手数料も必要ありません。ただし、音声通話SIMにむいては、最低でも1年間は使用しなければならないことになっています。最低利用期間が経過する前に通話SIMを解約するのであれば、9500円の解約手数料が必要になります。大手キャリアでは、1年の縛り期間をすぎても何も意思表示しなければ、そのまま縛り期間が更新されてしまいますが、その点では、 契約してから13ヶ月過ぎても縛り期間が更新されないので、いつでも解約手数料がかからないのが魅力的です。

UQモバイルのキャンペーン!

U-mobileの解約・退会方法のまとめ

Umobileって?

数あるMYNOの中でも最近注目を集めているUmobileは、日本でも最大クラスの動画配信サービスを手がけているU-NEXTという会社が、新たに立ち上げたものです。株式会社U-NEXTは2015年から東証一部に上場しているので、上場企業ならではの安心・信頼は大きなメリットで、中小企業ではありますが、悪安スマホや格安SIMの中では注目を集めています。MVNO業界の中では珍しい、高速通信のLET回線の使い放題プランがあるのが大きな特徴です。格安に高速回線を使い放題したい方は、Umobileがおすすめです。というわけで、今回は、Umobileの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、ぜひ、最後までお付き合い下さいませ。

docomo回線を使ったお得なスマホ!

Umobileはdocomoと同じ回線を使用しています。ですので、通話の品質には何の問題もありませんし、サービスエリアも広範囲でつながりやすさは信頼できます。また、現在docomoのスマホを使用していれば、そのままUmobileで使用することも可能です。もちろんUmobileを契約する際にセット販売されているSIMフリーのスマートフォンをセット購入する事もできます。Umobile対応のdocomoのスマホを持っていたらSIMカードの契約だけでいいので、高額な端末代金を購入する必要がないので、通常かかってしまう機種代金を大幅に節約できる点も魅力的ですね。通話環境が良く、価格も安い、とてもおすすめのサービスです。

LTEが使い放題

Umobileは、LTEが使い放題というプランで他社と差異化を図っており、同業他社のほとんどが無制限プランに対応していないため、こういった点が格安スマホ業界において、Umobileが他社よりも一歩抜きに出て人気となった理由でもあります。これまでデータ通信量を気にしながら使っていた方にとっては、速度制限や通信制限を気にする必要がありませんので、最適なプランでは無いでしょうか。さらに嬉しいのは使い放題だけにとどまらず、料金が2,730円という低価格を実現していること。これは大手のキャリアには全く太刀打ち出来ない、格安の料金設定です。料金設定が非常に優れているプランなので、1ヶ月の通信量が多い人には最適でしょう。スマホで高速通信を利用される方には、おすすめのMVNOです。Umobileの公式サイトから、LTE使い放題プランの詳細を確認することができるので、ぜひお確かめください。

ネットで即日MNPが可能

Umobileの魅力のひとつに「即日MNP対応」が挙げられます。Umobileでは、MNP届け出方式を採用することで、ネットで簡単に手続することができ、携帯が使えなくなる期間はなしでMNPができます。コレまでの即日MNPは、店頭に行き手続きする必要がありましたが、最近では、ネットが出来る環境にあればすぐに申し込めるようになっています。MNPのときに回線が使えなくなる期間が出ることで、これなら、誰でも気軽に乗り換えることが出来ます。SIMカードが届いたら開通依頼、アクセスポイント名の設定など簡単な手続きを行うだけで即日MNPの手続きは完了します。誰にでもできる簡便な手続きなので、より格安スマホへの乗換えが今まで以上にスムーズに行えます。

Umobileの回線速度

様々な企業が参画してきているMVNO業界の中でもUmobileは、262.5MbqsのLTE回線を使用したdocomoの価格が自慢のサービスです。回線速度や対応エリアがそのサービスの魅力の一つとなっています。

Umobileにおける3日間制限

どのMVNOでもそうですが、利用する方たちが公平に使用できるために、データの通信量が多くなりすぎた利用者は通信の速度を制限されます。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、規定の通信量を超えた利用者には、今までより遅い低速通信がはじまります。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。普通の使用方法を守っている限り、制限に該当するかどうかは、そんなに心配しなくても大丈夫でしょう。Umobileの場合、規定量が公表されていないです。

Umobileの評判まとめ

Umobileの利点は、通信料を気にせず使える使い放題プランでしょう。信頼性の高いdocomoのLTE回線を使用して、制限無く高速通信が使えるサービスは、各社が提供している中でも、大変珍しいプラン内容です。LTE回線をよく使う人ならば、他社からこちらに乗り換えることで、月々のスマホ料金を大幅に抑える事が出来る可能性があります。

通話プラス限定、毎月最大600ポイント還元!

契約者数100万人を突破した、動画配信サービスU-NEXTにおいて使うことができる、U-NEXTポイントが毎月付加される、ポイントプレゼントキャンペーンを行っています。LTE使い放題2プランは、毎月400ポイントで、その他のプランは、毎月600ポイントの加算です。「「U-NEXT」では、大抵1作品300円程度で視聴が可能ですので、月に2本ぐらいは、無料視聴出来ることになります。作品も充実しており、映画、国内・海外ドラマ、アニメ、バラエティと様々な動画が見れます。1ヶ月の契約料金が3,000円以下になり、しかも400~600ポイント付与されるのは、素晴らしいサービスなのではないでしょうか。

Umobile月額と解約について

月々の料金や通信速度など、Umobileの概要について説明します。現在のスマートフォン代金と比較して、Umobileを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、ぜひ読んでみてください。どれだけ安くなるのか、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

Umobileの月額費用

Umobileの月額プランは、SIMにはデータ通信SIMと音声通話SIMの2種類があります。音声通話SIMは普通の携帯で使われる070/080/090で始まる番号が使えるものなので、大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、音声通話SIMの選択が条件になるので、ここではデータ通信を選ばないようにしてください。音声SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データ通信専用SIMの月額費用は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

1ヶ月LTE使い使い放題プランと比べても、1月のスマホ月額料金が250円お得になる料金プランです。

Umobileの契約縛り

Umobileの最低利用期間と解約手数料について、説明していきます。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。音声通話SIMをご利用の際には、最低でも6か月利用していただかなければなりません。6ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、解約手数料は6,000円かかりますので注意が必要です。ただしNTTドコモ、au、Softbankなどとは異なり、縛り期間が自動的に更新されることはないので、7ヵ月目以降はいつ解約しても違約金を支払う必要がなく、利用者への便宜が図られています。

LTE使い放題2の解約手数料について

UmobileのLTE使い放題2プランのみには、解約制限が設けられており、唯一異なる点です。ご利用開始月から6か月以内の解約には、9,500円の解約手数料が必要です。7か月~12か月の期間内に契約を解除されると、解約の際に3,500円お支払いただくことになります。利用開始月から11ヶ月以内でプラン変更する際にも、プラン変更手数料として3,500円必要となります。LTE使い放題2プランにはこのような制限があるので、契約をする際にはその点を十分に理解しておいてください。しかし、違約金などの点で利用しにくいように見えますが、その分、月額料金が毎月250円割引になるサービスプランですので、ご契約期間1年以上のご利用をお考えの方は、LTE使い放題2プランがとてもお得でお勧めです。

【終了間近】割引キャンペーン!!

mineoの解約方法をわかりやすく説明します!

mineo速度

mineoの通信速度について解説していきたいと思います。docomo回線を使用するDプランはdocomo Xiの最大225Mbps、AU回線プランでも、最大で225Mbpsもの速度が出ます。ニュースやWEBサイトにおいてもよく言われている通り、混雑する時間帯では、キャリア契約の回線の方が通信速度においては優れています。常時、安定して速い通信速度がほしいという方には、キャリア契約の方をおすすめします。キャリアに比べてこれだけ安いのだから、満足出来るサービス内容だと思います。

mineo AU回線プランでの速度制御に関して

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。ここ3日の通信量が、決められ量に届かなかったら自動的に制限解除となります。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。mineoの場合、各プランごとの規定値は規定されていないようで、Aプランは、各プランともに、直近3日で3GBが規定値に設定されています。

マイネオ docomo回線プラン速度制御

ドコモ回線を使うmineoのプランのメリットは、直近の3日間をベースに算出するデータ制限はありません。日によって、データ通信量の増減に開きのある方は、AU回線を利用するAプランよりもDプランを選ぶほうが、3日制限を意識する必要がなく使えるでしょう。プランを選ぶ際のポイントの一つとして覚えておいていただければと思います。

ケイ・オプティコムの格安スマホの月額プランと解約に関して

キャリア選びには料金プランや回線速度が重要となりますが、mineoではどのようになっているのか説明します。今、ご利用中のスマホの料金と比べて、スマホの利用料金をできる限り削減するか、参考にしてみてください。これから、mineoの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

mineoの料金と初期費用

mineoのプランは、データ専用のSIMと音声通話ができるSIMの2種類あります。音声通話SIMというのは、070/080/090番号が使えるものなので、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、音声通話可能なSIMを選ばなければいけません。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データSIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円です。

mineoの最低利用期間

mineoの最低利用期間と違約金について、ご紹介していきます。mineoは数ある格安スマホの中でも、2年経たないと解約できないというような条件がないので、いつ解約しても、解約違約金が発生しません。気軽に試せるという点を考えると、気軽に試せるのが嬉しいですね。ただ注意が必要なのが1年以内のMNP転出の場合で、この場合MNP転出手数料が12,420円必要になります。mineoと契約する場合、その点は注意が必要です。

mineoの特徴まとめ

docomoとAUの2つ回線を利用しているMVNO「mineo(マイネオ)」はケイ・オプティコムが提供している格安スマです。キャリアから乗り換えることで、毎月のスマホ代を大幅にカットできる魅力的なサービスなのです。mineoでは、毎月1310円で格安SIMが利用できてしまいます。国内で初めてのマルチキャリアMVNOであるmineoは、docomoとauの回線の使いたい方を使用することができます。各キャリアと同一のサービスエリアや音質なので、使い心地にも信頼感がありますね。まだ、MVNO?格安スマホ?という方もいると思いますので、mineoの料金や解約について、まとめましたので、圧縮したスマホ代で何買おうか考えるだけでもう…。

docomoとAU回線のMVNO

mineoは、docomo回線プランやAU回線プランを利用したマルチキャリアMVNOです。通話の品質もauとdocomoと同等なもので、利用する事が出来るエリアなどもまったく変わりません。docomoやAUで購入したスマホをSIMを入れ替えるだけでそのまま使用することができるので、乗り換え時にスマートフォンの買い替えする必要はありません。スマホを買い替える必要が無いのは、余計なお金の負担が無いので嬉しい話です。もちろん、新規機種としてmineoでセット販売されているSIMフリーのスマホを購入して利用することもできます。docomoやauといった大手キャリアの回線がお好みで選べて、AUかdocomoのいづれかの回線プランをお好みで選択することが可能です。値段が少し違いますがその辺りも含めて検討してみるといいでしょう。

VoLTE対応プランがある!

mineoといえば、VoLTE対応プランがあるとして話題になっています。VoLTEとは何かと言うと、今までの通話音質よりも、さらに良くなった、最新通話技術のことです。今までは、300Hz~3.4kHzの音声のみしか対応できませんでした。このVoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになっています。このことは、これまでとは比べ物にならないほどの、品質のよい通話が可能になったということを意味しています。VoLTEに対応していることは、mineoにとって安さ以外のセールスポイントになっています。

翌月繰越しもできる!

あとmineoには、毎月利用するデータ量を次の月に繰り越す事が可能なので、毎月のデータ使用量にバラつきがある方でも、安心して使えるのは、とてもポイントが高いです。

mineoスイッチで通信量節約

さらに、mineoでは、mineoスイッチとよばれるものがあり、その時の必要に応じて通信速度を高速と低速とに自由に切り替えることができます。これによりデータ容量を節約することができ、経済的に通信が行えるので便利ですね。wi-Fiとmineoスイッチを組み合わせ、それを上手に利用することで、さらに安いプランにすることも出来ると思います。携帯の料金を安く済ませたいあなたに、mineoは欠かせないツールとして役立ってくれるでしょう。

間もなく締切の限定キャンペーン情報

IIJmioを解約したい!いつ手続きすべき?

みおふぉんの通信速度

世の中には数多くのMVNOが存在しますが、IIJmioは、ドコモの262.5mbpsのLTE回線を利用していることです。注目すべきは回線速度の速さと、対応エリアの広さでそういった点で安心できるサービスということができます。通信速度に関しても、安定して高速を保っていて、ネット上の口コミや評判などでも、とてもいいことが書いてあることが多いので、なかなか評判がいいようです。通信スピードが速くてしかも料金がお手頃という格安スマホを探している人にとっては、IIJmioがぴったりです。

IIJmioにおける3日間制限に関して

IIJmioでは、低速通信時の注意事項なのですが、直近3日間の利用料が一定量を上回ると速度制限がかかってしまう恐れがあります。高速通信を利用しているときは速度規制の対象外となっていますので問題ありません。ユーザーが平等に使えるように、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、通信速度を制限しています。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。

IIJmio月額料金と解約

キャリア選びには料金プランや回線速度が重要となりますが、IIJmioではどのようになっているのか説明します。今、月々いくらぐらいスマホ代がかかっていますか?通信料金のコストカットがどれだけ可能か、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。 月額費用と初期費用を見ていきましょう。

みおふぉんの料金

みおふぉんの料金プランに関しては、格安SIMカードには、データ通信専用のSIMと音声通話付きのSIMの二つに分かれており、それぞれ料金も違います。データ通信専用SIMと違い、音声通話付きSIMは、070/080/090番号を使用することができます。通常通りの携帯電話として使う際には、音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。音声SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円です。

IIJmioの違約金

みおふぉんの最低利用期間と解約違約金、契約する前に、把握しておいてください。IIJmioのデータSIMについては、必ず利用しなければいけない期間は決められていません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。もし、12か月経過する前に途中解約するとなると、手数料として9,000円払わなければなりません。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、13ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

IIJmioのユニークポイント

これから「みおふぉん」というネーミングの格安スマホと格安SIMについて紹介します。このサービスは株式会社インターネットイニシアティブが提供しています。格安SIMサービスを提供している企業のなかでも、古くからサービスを提供しているのがこのインターネットイニシアティブジャパンで、格安SIMのサービスが始まった頃からの利用者ならば、IIJmioやbmobileという名前に聞き覚えのある方が多いでしょう。2015年に実施された格安SIMアワードの顧客満足度調査の総合部門で最優秀賞を受賞しているMVNOで実力は折り紙付きです。このような高い評価を得ている背景には、質の高いサービスや満足度の高い顧客サポートを提供していることが挙げられます。IIJmioがまだ分からない!という方の為に、IIJmioがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。IIJmioの良い所、悪い所を分析してみました。

docomo回線を使った激安なスマホ

格安スマホサービス、IIJmioの回線は、docomoの回線を使っています。docomoと同じく信頼の高い通話品質ですので、様々な場所でも安定した通信が行える、信頼性の高いサービスです。機種もdocomoで使用していたものを、IIJmioにそのまま移行しても良いです。既存のdocomoのスマホをお持ちでない方でも、IIJmioが取り扱い・販売を行っているSIMフリースマホがありますので、これをセットで購入して使うことも可能です。今、docomoのスマホを持っているのであれば、SIMカードの契約さえすれば利用できるようになるので、スマホの本体代がかからず、お得に購入できます。docomoの回線を利用しながら、安心でお得に格安スマホを利用することができる嬉しいサービスなのです。

バースト機能があるので、快適な低速通信

IIJmioはバースト機能と呼ばれる転送機能が搭載されています。バースト機能とは何なのか分からない方にご説明します。低速通信時にバースト機能を利用すると、データ通信を始めの何秒間かは高速通信で行うことが出来るようになり、WEBページを表示する際のレスポンスを向上させる機能になります。この機能により、快適な通信を設けることができ画像などの読み込みに時間がかかるというストレスが軽減され、快適にネットサーフィンを楽しめるようになるので、評価の高い機能となっています。この便利なバースト機能は、現在IIJmioとDMMモバイルだけにしかない機能なので、バースト機能を使いたければどちらかから選ぶしかありません。

データ通信量の翌月くりこし

データの通信量はプランによって変化しますが、あまり通信しない月も場合もあるので、その様な月は多めに残ってしまう場合もある事でしょう。それは、もったいないと思われる皆さん、IIJmioならば、残ったデータ転送量や容量を翌月分に計上して使用することができます。余ったデータ容量の持ち越しを行っていないMVNOもあるため、この翌月繰越は、IIJmioの魅力の一つです。特に格安スマホの場合はデータ転送量がネックになってきますので、翌月繰越を賢く利用しましょう。

家族利用なら、10枚までOK!

llJimioのプランにあるSIM追加サービスを利用すると、SIMカードの最大枚数が10枚までとなっています。家族で10人分、IIJmioへ乗り換えると、みんなで使えば、断然お得なんです。家族全員分の携帯料金を合算して考えると、節約したお金で外食したり、お出かけしたり、良いことづくめです!このようなお得なプランがありますので、家族で何台もスマホを使っているのであれば利用するのがおすすめです。お客様サポートでも評価の高いIIJmioですから、「格安スマホってよくわからないんだけど…」とちょっと不安なあなたにもお勧めです。更に、子供用に、有害なサイトやアプリから守る「みまもりパック」オプションもあるので、キッズスマホとしても安心して利用することができます。

IIJmio口コミ

llJmioに惹かれてしまうのはなぜかというと、ブランドイメージの高さ、実行速度の速さ、そして何と言っても、安心の顧客サポートがあげられます。株式会社イード社が行っている格安SIMアワードにおいて、2015年度の総合満足度で最優秀を授与されたことからも、ご利用のお客様からも大変ご満足いただけてるとおもいます。わからないことがあっても電話やオンラインでサポートしてくれるので、格安SIMや格安スマホに馴染みの無い方でも、スムーズに格安スマホ/SIMに移行ができるMVNOと言えます。

速度も速く、サポートもしっかりしているのが、魅力

IIJmioに対する評価を見ると、通信速度の安定性に加え、心のこもったサービスを提供している点でも多くの支持を得ているようです。格安SIMアワード受賞という満足度の証拠からも、最優秀賞を受賞しており、その実力は高いものがあります。以上のことからもIIJmioは格安スマホ選びの際に、魅力あるMVNOの一つとなることでしょう。今数多くあるMVNOですがその中でもブランド力と信頼性を兼ね備えたMVNOと言えるのではないでしょうか。ユーザーの口コミで評判や評価も良いMVNOですので、これから格安スマホにしようと思っている方には、必ず検討しておきたいMVNOだと言えるでしょう。

【終了間近】割引キャンペーン!

DMMモバイルの解約について詳しく解説

DMMモバイル評価

DMMモバイルの優れた点は、通信速度がいいことと料金が安いということです。月額料金の安さと実効速度の安定感を求める方には、DMMモバイルがついに実現してくれたのです。ユーザーの評価も上々で、ネット上のレビューも高評価のものが多数あり、月額料金と高速通信が消費者の皆様に評価されているからにほかなりません。

スピードが速いのが魅力

利用者がDMMモバイルについて意見を求められた時に多いのは、高速通信が安定していること、そして、実効速度が速いことです。月額の基本料金は安く、かつ通信スピードも優れていますので、ますます人気のDMMモバイル。さらにお得な点は、DMMポイントの還元がつくので、安さも速度も両方欲しいという方にとっては、十分に条件を満たしている格安スマホであることがわかりますね。格安スマホを使用するなら、DMMモバイルを使用するのが良いでしょう。

DMMmobileの通信速度

たくさんあるMVNOの中でも、DMMモバイルは、docomoと同じLTE回線を利用した格安スマホのサービスです。この回線は対応しているエリアが広く速度も安定しています。その上、通信時の体感的なスピードが安定的に速く、口コミや評価のサイトをざっと見ても、かなり人気の高いMVNOであるように見受けられます。速度が速くて安定している格安スマホを望まれる方にとって、DMMモバイルが一番しっくりくるMVNOなのではないでしょうか。

DMMモバイルでの3日間制限

DMMモバイルは、低速通信を利用していると、直近3日間の通信量によって速度制限がかかってしまうことがあります。高速通信を利用ちゅうにおいては、三日間の制限はかかりません。どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、規定された容量をオーバーした利用者に対して、データ通信速度を遅くされてしまいます。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量が決められた容量を下回れば、自動的に速度制限の処置は解除されます。変な使い方をしなければそうそう引っかかることはありません。

DMMmobile月額プラン

DMMモバイルの料金について、また通信スピードについて説明したいと思います。今、ご利用中のスマホの料金と比べて、通信費がいくら節約できるか、ご参考にして頂きたいと思います。どれだけ安くなるのか、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

DMMモバイルの月額プラン・初期費用

DMMモバイルの料金プランは、SIMはデータ通信用と音声通話用の2種に分かれています。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なのでスマホとしてこれまでと同じように利用を継続したいのであれば、データ送信のみのSIMではなく、データ送信も通話も出来るSIMを選択してください。通話SIMの月額プランは、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,380円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,910円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,680円、10GBプランで2,890円、15GBプランで3,980円、20GBプランで4,680円です。

データ専用SIMの月額費用は、ライトプランで440円、1GBプランで480円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで1,980円、10GBプランで2,190円、15GBプランで3,280円、20GBプランで3,980円です。

DMMモバイルの解約違約金

DMMモバイルの解約制限と違約金について、ご紹介していきます。DMMモバイルのデータSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。極端な話、初月で解約しても違約金は掛かりません。ただし、音声通話SIMにむいては、最低でも1年間は使用しなければならないことになっています。どうしても解約するまでに12ヶ月も待てないという場合、違約金の9,000円を支払わなければなりません。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、13ヶ月我慢できれば、いつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

DMMモバイル格安SIMの特徴まとめ

DMMモバイルとは、DMM.comが運営している格安SIMサービスです。何よりも動画サイト「DMM.com」運営の格安スマホサービスです。格安SIMも多く出回っている状況ですが。DMM.COMは各プランにおいて業界最安値を打ち出しています。何よりもMVNOに料金の安さを求める方は、DMMモバイルこそおススメしたいと思います。一方で、通信速度の高さも評価されており、インターネット接続も快適に行えます。という背景から、DMMモバイルの料金や解約について、まとめましたので、どうぞ楽しんで♪

docomoの基地局を利用した激安なスマホ!

動画配信サービスでおなじみのDMMモバイルは、docomoの回線をつかっています。気になる通話品質もdocomoと同じなため、また同様に、提供されているサービスの範囲もdocomoと同一となるため、「もしかしたらつながりにくいのではないか」などといった心配もないのです。docomoのスマホなら、大半の機種が、DMMモバイルでそのまま使えます。もちろんDMMモバイルでもスマホ本体も販売しているのでSIMと本体、両方セットで購入することだってできます。また、docomoのスマホを引き続きご利用いただく場合には、SIMカードのみの契約でOKですので、新たに本体料金を支払って、スマートフォンを購入しなくて良いということは非常にありがたいことですね。docomoの信頼感とお得なサービス、それがDMM.comが提供するDMMモバイルです。

iPhoneも分割購入出来る

DMMモバイルの良いところは、iphone購入時に分割払いができることです。ふつうMVNOといえば、海外製の格安端末しか取り扱っていないことが多く、ほとんどのMVNOはiPhoneを取り扱っていません。その点DMMモバイルでは、最新のiPhone6も取扱い端末の中に入っているので、iPhoneを分割購入するのであれば、最新のiPhone6でも分割購入できるプランがあるDMMモバイルが一番魅力的に思えます。MVNOで月額料金を安くし、なおかつiPhoneも購入したいという希望を実現するには、DMMモバイルはチェックしておいて損のない情報ではないでしょうか。一つ問題なのはDMMモバイルのiPhoneは異常な人気で品薄状態が続いているので、在庫があるときは、早めに申し込みをされるといいでしょう。

余ったデータ容量の翌月繰越

プランによって月々利用できるデータ量の上限には違いはありますが、どのプランを使っていたとしても、データ容量がどうしても残ってしまう事があります。こんなとき、DMMモバイルなら、次の月に繰り越して使うことができるので、無駄なくお得です。MVNOによっては翌月繰り越しに内応していない場合も多く、このサービスは、DMMモバイルが提供するお得なサービスの一つです。格安スマホでありながら、データの繰り越しもできて素晴らしいサービスです。

不通期間なしのMNP対応!

DMMモバイルには色々な魅力がありますが、その1つは即日MNPに対応している事です。MNP届け出方式を採用することでSIMカードが届いてからMNP転入をすることが可能となり、ネットから申し込みするだけで、サービス不通期間を生じることなく、MNPを行うことができるようになりました。即日MNPを利用したい場合には、今までは店頭まで行く必要がありましたが、今では場所を気にせず、転入手続きが可能となっています。SIMカードが到着するまでの数日の間、回線が使えないことが不安で、格安スマホへ乗り換えするのを思い止まっていた人でも安心してMNPすることができます。即日MNPはSIMカード到着後、インターネットを使った簡単な手続きのみで完了します。非常に簡単にMNPができるようになり、格安スマホへ乗り換えようか迷っていた方にはより乗り換えがしやすくなりました。

DMMモバイル契約者全員に、DMMポイントを毎月還元

DMMモバイルを契約している間は、DMMポイントがご利用額の10%分のポイントが還元されるお値打ちキャンペーンが開催されています。月額料金はもちろん、通話料やSMS送信料なども対象となるので、貯まったDMMポイントを DMM.comで利用することができるので、とてもオトクなキャンペーンですね。ただでさえ安さが魅力のDMMモバイルですが、これに10%還元がさらにつくので、さらに割安感があるコストパフォーマンスが高いMVNOです。毎月のスマホ代にお悩みの方、スマホにしたいけど料金が心配な方、DMMモバイルを検討してはいかがでしょうか。、

バースト機能│快適な低速通信

DMMモバイルの機能の一つとして、バースト機能といったものがあります。「バースト転送」とは何なのか、その仕組みに言及しながらご案内します。バースト機能というのは、通信が低速となっている時に発生する機能で、通信開始時1~3秒の間のみ高速通信を行うことで、画面に表示されるウェブページの読み込みを向上させることができます。この機能を搭載してることにより、低速通信をするときのインターネット接続が速くなるので、表示が遅いという不便さが軽減されて、ストレスの無いインターネット利用が可能になり、DMMモバイルの強みでもあり、お勧めの機能です。とは言え、DMMモバイルの他にこの機能が搭載されているのは、IIJmioくらいしかありません。

終了間近の限定キャンペーン

BIGLOBE格安SIMのネットでの評判は?

BIGLOBEの格安SIMの月額と解約

BIGLOBE LTEにかかる料金や初期費用についてご紹介していきます。毎月自分のスマートフォンにかかる費用と比べながら、費用がどれくらい安くなるのかを読んで比べてみてください。ということで、まずは、BIGLOBE LTEの契約時費用と基本使用料金から見ていきましょう。

BIGLOBE SIM月額プランと初期費用

BIGLOBE LTEの料金プランに関しては、データ通信用SIMと音声通話もできるSIMの二種類があります。音声通話が出来るSIMは、電話番号の最初の3桁が、070/080/090/の番号になりますので、普通のスマホと同じように、携帯電話としても使いたい場合は、音声通話付きSIMを選んでください。データ専用SIMは、携帯電話としての機能はないので、間違わないように注意してくださいね。通話SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円です。

データSIMの料金は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円となっています。

ベーシックプランは、通信速度の低速回線が使い放題になり、その他のプランは、DocomoのLTEとよばれている262.5Mbpsの高速回線が利用できるプランになっています。初期費用は、3,240円で、それプラス端末料金が必要です。

最低利用期間について

解約制限と解約違約金について、解説していきます。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。もしも最低利用期間の12か月以内に解約してしまうと、8,000円の違約金がかかりますので、ご注意ください。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、13か月を過ぎれば違約金が発生することがなく、良いですね。

BIGLOBE SIMの回線スピード

BIGLOBE SIMのネットワークは、ドコモで使われている4G回線を利用しています。速度に関しては、何不自由ない速度ですね。docomoと同じ回線を格安で使用できることは、BIGLOBE SIMの魅力的な特徴の一つです。BIGLOBE SIMをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

BIGLOBE SIMの72時間制限

MVNOすべてで共通ですが、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいておりました。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、定められたデータ容量を超えた人に対して、200Kbpsという低速通信を適用していたのですが、3日制限が廃止になったのは話題を呼びました。BIGLOBE SIMのSIMでは、音楽や高画質写真をダウンロードしても、72時間制限の心配をする必要はもうありません。気軽に使えるのも嬉しい点ですね。

BIGLOBE LTEの気になるポイント

MVNOの一種であるBIGLOBE LTEでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。その中でも月額900円で利用出来るサービスが話題を集めています。BIGLOBE LTEは、キャリア3社であるdocomoの回線を利用しているため、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。エンタメフリーと呼ばれるオプションサービスがBIGLOBE SIM特有のサービスとなっております。これは、YouTubeやGooglePlayMusic、AppleMusicだけでなく、AbemaTVやAWAのような普段Wi-Fi外では通信量が気になって使うことが億劫だったサービスが無制限で使え、しかも通信量を全く消費しないという画期的なサービスそんな訳でして、BIGLOBE SIMのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。BIGLOBE SIMに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomo同エリアのお得なスマホ!

お得なサービスのBIGLOBE LTEは、NTTドコモの回線を利用しています。同じ回線なので通話品質はdocomoと変わりませんし、一番気になるサービスエリアもドコモのエリアと同じなのでなんの心配もなく使えます。ドコモのほとんどのスマホが、そのままBIGLOBE LTEで使用できます。当然、BIGLOBE LTEでスマホを購入して使うことも可能です。すでにdocomoのスマホをお持ちなら、SIMカードのみのプランを契約すれば、別途お金を払ってスマホを買わなくても大丈夫です。格安サービスでありながらキャリア回線と同一の品質で使用できる。これがBIGLOBE LTEの強みです。

格安スマホの機種が選択肢豊富すぎる

BIGLOBE LTEの契約をするにあたって対応する端末をお持ちでない場合、対応する端末を購入する必要があります。BIGLOBE LTEではそうしたスマホ本体もセットで購入が必要な方のために、10種類以上の機種が用意されており、他のMVNOよりも好みの機種を見つけやすいのが魅力です。もちろん、スマホだけではなくタブレットの種類も豊富なので購入する側はじっくり選ぶことが出来ます。

あまったデータ容量の翌月繰り越し

各プランでデータ容量が異なりますが、データ使用量が少なくて、余ってしまう月もあると思います。そういった悩みにもBIGLOBE LTEであれば、残っているデータ通信量の分を翌月に繰越しできるありがたいサービスがあります。MVNOによっては翌月繰り越しに内応していない場合も多く、このサービスは、いろいろあるBIGLOBE LTEの利点の一つと言っても過言じゃないですよね?格安スマホですが、余ったデータを無駄なく繰越せるサービスがあると嬉しいですね!

通話料が半額になると話題のBIGLOBEでんわ

「BIGLOBEでんわ」という通常通話料より半額になるサービスがございます。このサービスは、電話番号の先頭に特定の番号を付けて発信するだけの「プレフィックス型」と呼ばれるもので、相手方の電話に、自分の番号が通知されます。当然のことですが、ご自身が普段利用している番号が相手に表示されます。ですので、電話に関して何の違和感もありません。IP電話の多くは、非通知発信しか出来なかったり050番号が相手先に通知されたりと、使い辛いと感じる事が多いと思います。その点、BIGLOBEでんわは非常に魅力的なのではないでしょうか。かけ放題の通話サービスもあるんです。

3分かけ放題

AU・ドコモ・Softbankの大手3事業者には、通話かけ放題プランがありますが、残念ながらまだ、たいていのMVNOはこのプラン設定の導入に二の足を踏んでいるようです。利用料金の安さが売りのMVNOの格安スマホであっても、通話する回数が多いので心配だという方でも安心なサービスがあるのです。それがBIGLOBE LTEです。月に650円を支払う事で『通話開始してから3分間の間なら何回でも無料で話せる』とゆうサービスです。IP電話と違い、電話回線を使った「3分かけ放題」は、一般電話やBIGLOBEでんわと変わることなく発信者番号通知にも対応しており、いつも通りの電話と変わらずにかけ放題になるのが最大のウリでしょう。BIGLOBEでんわの利用は1分間で21.6円の通話料がかかるので、3分以内の通話が月に合計で33分以上はある(3分間きっちり通話すると11回以上)方にはお得なになるのは間違いないでしょう。

650円で1,200円分が無料になる「通話パック60」の解説

BIGLOBE SIMは、月額500円の3分かけ放題とは別に、それに「通話パック60」が付けられますよ!このオプションは、1200円分の無料通話が月額650円で出来ます。また3分以上通話することはあまりない!という方には、「3分かけ放題」がかなりおすすめですけど、たまにちょっと長電話しちゃう!という人には、先程お話しした『通話パック60』を使用してみてはいかがでしょう?自分の生活スタイルと通話オプションを照らし合わせてみてください。よりお得な方法が見つかるはずですよ♪

到着月は無料

BIGLOBE SIMでは格安スマートフォンやSIMを契約すると、ひと月目の使用料は不要となります。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。SIMカードが届いた日によっては、丸々1ヶ月分がタダになるということもあります。現在利用しているキャリアの縛り期間や解約手数料の支払い義務もからんできますので 、現実的に考えると、必ずしも月初まで待つのが得策とは言えません。

【終了間近】キャンペーン!